忍者ブログ
インドアサバイバルゲームチームURBANUSの隊長だった人 今後のチーム運営は新隊長( 兼 募集・渉外担当官)に任せた!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

WOWOWで放送中のクリミナルマインド3FBI行動分析課

FBIの連続凶悪犯罪に対しプロファイリングを専門に行うBAU(BEHAVIORAL ANALYSYS UNIT 日本語訳は行動分析課)。
メンバーそれぞれの特徴を生かして、シリアルキラーの行動を分析、次なる凶行を阻止せんと活躍するという一話完結のドラマ。

BAUのリーダー、ホッチナーの「FBI風」という訳し方がうまいと思った。
先輩風を吹かすというような意味で使ったと思われる。
ジョンベネ事件で地元警察を批判したFBIが、事件をこじらせて以降にBAUへの協力依頼が減ったという実情もこぼしていた。
地元警察視点(ダイハードシリーズとか)だと何かと厄介者あつかいのFBIだが、事件解決の為に機を使うホッチナーの細かな配慮に気づかされるセリフだった。

BAUメンバーがアメリカ中を飛び回るための便利なジェット機として、ガルフストリームG550が出演。
機内でのミーティングシーンは、BAUが効率的に事件解決に取り組んでおり、またどんな遠隔地であっても現場主義を貫いていることを示している。
事件解決(シリアルキラーに対する勝利であれ、敗北であれ)の後、帰路に着くメンバー達を優しく包み込むのも、ガルフストリームのシートである。
BAUのメンバーどうしが絆を深めあったり、プライベートな相談をしたりと、事件以外のシーンではオフィスとならんで多く見られる。

物語上は単なる道具でしか無いが、航空機が影の役者とでもいえるような存在感のあるドラマ、日本には無いのが残念。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[11/15 ヤサンヌがスマフォ練習中]
[05/01 イグナチウスヤサンヌ「先任」少尉]
[04/09 ジュゼッペ]
[03/27 ジュゼッペ]
[02/05 和田きなこ]
プロフィール
HN:
コトゥ・リクノー Techno Officer
性別:
男性
趣味:
サバイバルゲーム、読書
自己紹介:
欧州治安系特殊部隊インドアサバゲチーム、ウルバヌスの前隊長
チームのブログは随時更新中、体験入隊者随時募集中。

サバイバルゲームは宗教的理由により、リアル弾数でたしなむ。

仕事で仙台に引越すが、東京にゲームをしにちょくちょく帰っている。

近々、地元のフィールドにソロプレイヤーとして参戦の予定。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]